おじんのPORSCHE と どんぶらこっこ

yoshi550oj.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ワンコ( 25 )


2017年 05月 08日

ポル!! さようなら・・・・・

この長い連休の間にリーダーの愛犬が亡くなってしまった・・・・(悲)。

ちょっと元気になったから 入院しなくてよかったと言ってましたが・・・残念無念!!

c0084268_8262020.jpg





一度 ポルと一緒にクルマに乗った機会があった。

後ろの席に 伏せをしておとなしく ちょこんと乗っていた姿を思い出す!!

うちのガチャガチャ3ワンコとえらい違い!! 上目遣いにこちらを見るつぶらな目が可愛かった!!  飼い主とえらい違い!! (笑)。


別れは辛かったね!! でも最期を看取れたので ポルも天国で走り回っている事でしょう!!



c0084268_8275241.jpg

 




元気を出してくださいね!! (^_-)-☆

by yoshi550ojin | 2017-05-08 08:28 | ワンコ | Comments(8)
2015年 11月 18日

もう10歳・・・・

長男カレラが10歳になりました。 人間でいうと約60歳 還暦ですわ。

レイナが9歳  アイカが8歳  みんな11月生まれ。


ワンコ用のバースデイケーキを買ってお祝いを・・(笑)。 今はペット用になんでもあるんですねぇ。

シャンパンもありましたが・・・・

c0084268_7465428.jpg


カメラを構えて待てのポーズ。早く食べたくて ブルブル震えてきました(笑)。

あっと言う間に完食!!

c0084268_7502016.jpg



レイナの発作は完全に無くなりました。 3匹とも まだまだ長生きして欲しいですねぇ!!

by yoshi550ojin | 2015-11-18 07:53 | ワンコ | Comments(6)
2015年 09月 18日

その後のレイナ

レイナちゃんですが・・・腫瘍の摘出手術を受けて1ヵ月半

c0084268_178563.jpg


術後のMR検査をしてきました。 内心 またできてないか?? 冷や冷やしてましたが

術前⇒術後の画像データを見せてもらいながら説明を受けました。

摘出した後は綺麗になっており 新たな腫瘍の発生と転移等は見受けられないとの 最高の結果!!

抜群の回復力ですねぇ!! と先生からお褒めの言葉をいただき 思わず・・じーーーんときてしまいました。

今だから話しますが・・結構 大変な手術だったよと 言われて・・・(@_@)

術後3ヶ月は経過観測が必要との事。 今度は11月ですが このまま順調にいって欲しい!!



この病院 内科 外科はもとより・・・神経科・・・腫瘍科・・・・沢山の看護師・・・・まるで人間の病院や!!

c0084268_1783318.jpg





レイナちゃんの検査等で終わるまで2時間半ぐらいの待ち時間ができました。

以前 岐阜の市内で見つけた お蕎麦屋さんへ行ってみました。前回は満員で入れず・・・・

今日は開店前に到着して 開くのを待ちました(汗)。 ちょっと有名なお店だったようで・・・・ 

「そばきり すず野」さんです。 外観はこんな感じで いい風情の佇まい。

c0084268_17134097.jpg



中もなんか京都風な感じ・・・

c0084268_17161025.jpg



いい日本酒もありましたが ぐっと我慢。 ざる蕎麦と天ぷらぶっかけをいただきました。

c0084268_17174063.jpg


c0084268_17172873.jpg




お上品な蕎麦で 美味しかったですよ!!  レイナちゃんのお陰といってはおかしいけれど

いいお蕎麦やさんを見つける事ができましたわ(笑)。 普段 こんな所まで来ませんからね。




と言う事で ご心配いただいた皆様 レイナちゃんは順調で ものすごく元気ですので・・・・


ご心配有難うございましたm(__)m。





さて 明日からシルバーウイークとか?? いつからこんな呼び方に????

多分アチコチで渋滞等があることでしょうね (~_~)

お出かけになる方は気をつけて下さいね!!



(^_-)-☆











 
 

by yoshi550ojin | 2015-09-18 17:31 | ワンコ | Comments(4)
2015年 08月 19日

抜糸

昨日 レイナちゃんの抜糸に行ってまいりました。

術後退院してから約一週間です。 その間 鼻血を出してびっくりしたりしましたが

食べる事が大好きですので寝ていても 「ご飯だよ」と言えばだっーーと走ってきます。

寝ている時間が長いのはやはり術後ですからねぇ!!

抜糸の時間と手当ては約10分 血液検査で30分  検査も異常は無く 一安心!!

帰りの道中はホッとして帰ってきました。 1ヶ月半後にもう一度MRを撮って確認していただく事になってます。


Before ハクビシンみたい・・・

c0084268_7435382.jpg
 


After レイナだけダックスフントみたい・・・

c0084268_7444679.jpg





いろいろありましたが やっとここまで来た感じですわ。 

人間様と違って気になって仕方がなかったです。


中々 ブログの更新も意欲が無くなってしまいましたが これでボチボチと更新させていただきます。

ご心配をいただきました皆様 有難うございましたm(__)m。

by yoshi550ojin | 2015-08-19 07:50 | ワンコ | Comments(6)
2015年 08月 11日

君はお馬さんか??

お江戸へ子供達に会いに二泊三日の単独暑気祓いに行ってきました。


楽しい時間を過ごしてきましたが 常に頭の中にあるのは・・レイナの事!!



c0084268_7381943.jpg



放射線治療をしていましたが大きな改善もなく 5回目の治療の後に先生と今後の事について

相談をしました。 細かい事は省きますが 薬の投与では負担が大きくなり 腫瘍そのものの摘出が

一番だと言うのが先生の考えでした。 こちらは脳に穴を開けての手術だとリスクが大きくてホント大丈夫

なのか? と不安です。 先生は場所が比較的に難しくない場所だし 大きくなる前に摘出して腫瘍が何なのか

を調べたいと・・・・この部分は猫はポッコリと取れるそうですが犬は全摘できない場合が多いと またまた不安な

話しをしてくれます。 しかし小さく残った場合は放射線をあてれば消えるであろうと・・・・これが先生の回答でした。


そして4日に手術をしていただく事に。 朝の10時に病院へ届けました。手術は午後1時からと言う事でした。

手術時間は約5~6時間とか (@_@;)  そんな長い時間レイナは耐えられるのか???

祈るような気持ちで病院を後にしました。  それからは全くなにもやる気がおこらず・・・・

夜の8時過ぎに病院から電話入りました。 「手術は成功しました! 意識も回復して 我々を見ると尻尾を

振ってくれてます」・・と   良かったーーー涙が出てきました!!  よく頑張ってくれた!!

先生 有難うございましたm(__)m    とりあえず一安心です!!


退院は一週間後の昨日。 

c0084268_753424.jpg



何番で呼ばれるのか??

c0084268_7542381.jpg



「レイナさん4番へどうぞ」

先生から手術内容の話し その後の状態  今後の予定等を聞いて やっとご対面

こちらの顔を見ると 雄たけび上げてもう興奮MAX状態  大丈夫かと心配なるくらいですわ(笑)。

術後3日から元気でケージから出せと言ってたらしく 治療室の中を先生の後についてうろうろとしてたらしいです(笑)。

抱き上げるとちょっと体重が減った感じ  ちょっと太目だったから ちょうどいい感じかな??

早くお家に帰りたいだろうにね  バビューンと帰ってきましたわ(笑)。


さてさて レイナのこの姿を見たら・・・カレラとアイは???? どうするのかな???

アイは腰を引きながら匂いを確認  尻尾を振るものの どうもおかしいのか?? まだこの顔に慣れてません(爆)。

c0084268_811344.jpg




そりゃ びっくりしますよね(笑)。  ライオンみたいで お馬さんみたいな鼻 

一週間後の抜糸までこの状態  慣れるまでちょっとかかりそうですわ


やつと3ワンコ揃いました(獏)。

c0084268_8153085.jpg






ご心配いただいた皆様  有難うございました。















  

 
 

by yoshi550ojin | 2015-08-11 08:17 | ワンコ | Comments(8)
2015年 07月 23日

レイナ

雨が激しく降る中 行ってきました。

c0084268_12402011.jpg


レイナの放射線治療 4回目です。

今回はその後の経過を診るためにMRIの検査もしていただきました。

結果・・・・・・・・・腫瘍の大きさは変わっておらず・・・(泣)。

発作を止める薬の副作用で肝臓機能の数値が高くなっているために 今回から肝臓の薬が増えました。

c0084268_12442310.jpg


放射線治療は全部で7回  後3回!!  その後1ヶ月経過を診て どうするか?????????

レイナは検査治療の度に 大好きなごはんを抜き そして麻酔で  終わるとぐったり  可哀想です。

でも 腫瘍が大きくなっていないだけ有難いと思わなければいけませんね。 


しかし・・血液検査って γGTPとか人間と同じ項目なんですね。
 

ご心配をおかけしているレイナですが 普段は他のワンコ達と元気に遊んでいます。   


※オーストラリアでノラ猫 200万匹を殺処分するなんてニュースがありましたが 信じられません!!!
人間って奴は・・・・・(怒)。

by yoshi550ojin | 2015-07-23 13:03 | ワンコ | Comments(4)
2015年 06月 12日

歯車

いたって平穏無事な毎日を送っていたが  レイナちゃんの件から どうもおかしくなってきた。

これが人間だったら 全くこんな風にはならないと思いますが・・・・。 

いつも頭の中に 発作は出てないか??  大丈夫だろうか??? 何してるんだろう?? と心配がよぎります。


雷神様も同じで なるべく意識しないように  あまりレイナちゃんを見ないように・・・としてるみたいですが

やはり 気になり ついつい視線はレイナちゃんに・・・・・・寝ていれば 息をしてるか? とか  目が合えば

何か訴えたい事があるのか?? ・・・・・・・・とか考えちゃうらしい。 発作がいつ起こるか分からないので 外出は

なるべく控え どちらかがいる時にしかできません。  幸い 処方していただいた抗てんかん薬が効くようですので

ちょっと安心はしてますが 根本的な部分がグレーのままでは まだまだ不安です。

c0084268_825296.jpg


我が家の小さい歯車が狂いはじめ 大きな歯車の動きにも影響が・・・・(悲)。

小さいとて役割は重要!!


ご心配をお掛けいたしておりますが この小さい歯車  頑張っています。

c0084268_8225318.jpg
  









 



  

by yoshi550ojin | 2015-06-12 08:23 | ワンコ | Comments(4)
2015年 06月 10日

その後

昨日 高度医療センターでMRI検査を受けてきました。


朝の9時半にレイナちゃんを預けて 夕方の4時に迎えにきて下さいとの事。


大好きな朝ごはんを抜いての検査  今日は麻酔をしてMRIと後頭部から髄液を抜いて調べるそうです。

不安げなレイナを車に乗せて病院へ  キューン・キューンと心細い声で泣いています。 辛いわ~!!

何か原因はあるはずと分かっていますが 軽いものであって欲しいと願うばかり。

レイナを病院に預けて  仕事へ・・・・・



一日 仕事になりません。   携帯が鳴れば  病院か? 家か?? どきどきします。

早く迎えに行く時間がこないか!! 3時に工場を出て 自宅に寄って迎えに行きました。



病院到着  待ってる間も落ち着きません。 暫くして先生から名前を呼ばれ診察室へ・・・・・

先生は若い男の先生で脳の専門らしい   

検査の内容と結果  今後の治療方法の説明をMRIの画像を見ながら説明を受けました。

髄液 リンパは問題なし  MRIで鼻と頭 目と目の間のちょっと上あたりに小さい白い部分がありました。

先生は多分この部分が原因ではないかと・・・・・・・・・・では この白い部分は何か???

腫瘍(ガン)なのか? 違うものか??  一番早いのは この部分の組織を摘出して検査にかける方法ですが・・・

脳の手術・・・リスクも大きそうで すぐには判断ができません。 他の治療方法も聞きましたが 人間と同じ

ですね。 これが腫瘍(ガン)だとしたら・・・放射線・抗がん剤 治療があるそうです(驚)。


結果   2~4週間後 再MRI検査をして この部分が大きくなっているのか 小さくなっているか??

小さくなっていれば腫瘍の可能性は低い。 大きくなっていれば腫瘍の可能性が大。 と言う事で

再MRI検査を受ける事にしました。  その間の発作を抑える薬をいただき帰宅。

疲れました。  レイナも毎日のように検査で・・・一番疲れた事でしょう!!

いつもの食欲でガヅガツ食べて・・・・・・いつもの定位置で寝てますわ!!  

c0084268_8304336.jpg
 



みなさん ご心配をおかけして  また 温かいコメントをいただき有難う御座います。

発作以外は全くいつもと同じレイナです。    ずっと家族の一員として守っていこうと思ってます。







 

  

by yoshi550ojin | 2015-06-10 08:34 | ワンコ | Comments(6)
2015年 06月 08日

高度医療センター

3ワンコのレイナがここ一週間 様子がおかしかった。!!


c0084268_7235679.jpg



ちょっと留守にして家に戻ると 床のあちこちに泡のような跡が  ??? 最初は何だろうと思ってました。

その泡の跡の原因が分かりました。  木曜日の朝  突然ひきつけを起こし ガタガタ震えて口から大量の泡。

横になって 前後の足が全速力で走るように動かします。 3分ぐらい続いたでしょうか・・・・・・・声をかけて さする事しかできません。

発作が治まると 何事も無かったように 元のレイナになりました。  その発作以外 食欲もあり  元気です

早速 かかりつけのお医者さんに連絡  症状を話し 診察をしてもらいました。 血液検査からスタート

以前から肝臓系の数値が高いので血液データはあるんですが 追加の検査をしました。

アンモニアの数値がどうのこうので・・・・食事抜きのデータと食後のデータを取らないと分からないとか・・・

検査データはすぐ出るものと 一週間程かかるものがあるとか・・・・・・・・・・いろいろと説明を受けますが

オロオロしてるこちらは全く理解できませんが 今は先生にお任せするしかありません。 

しかし この先生(女)はっきりしないんですわ!!  まぁデータが揃わないと分からないと言う事もよく分かりますが・・

この日のレイナは血液を抜かれて終了。 発作が起きた時の薬(座薬)を処方してもらい帰宅しました。

次の日に食事を抜いての血液検査を受けます。





そして 次の朝(金曜日) 7時頃 また大きな発作 時間も治まるまで5分ぐらい すぐに座薬を入れましたが

こんな暴れている時に座薬を入れるのは大変ですわ。 入れた頃には発作が治まっています。

治まれば また普通のいつもの元気なレイナに・・・・・・(@_@;)

今日は朝から病院へ 再度 血液検査です。  今朝の話しを先生にしても まだ何が原因か不明だと・・・

こちらは脳に何か問題があるのではと??  その辺の検査の事を尋ねました。 人間と同じMRI CT検査の事です。

血液検査と並行して脳も調べて欲しい!! その検査機器を備えている所を紹介して欲しいと!!

そうしたら一箇所 検査機器のある半田の病院があると そこはそこの病院と付き合いがあるので紹介できますが・・・と

調べたら・・・・機器はあるものの ちと不安    そして 調べていく内に こんな所があるというのを知りました。

「日本動物高度医療センター」です。 ここを紹介して欲しいと頼み込み  何とか次の日に予約が取れる事となりました。


名古屋の東 天白区にあります。

c0084268_8284436.jpg




大きな2階建ての病院でした。 診察室も沢山。 診察待ちのワンコ達も沢山。

c0084268_83038.jpg
  



不安げなレイナ   この日の朝は発作が出ていません。

c0084268_8311381.jpg





かかりつけの病院からデータを送ってもらってましたが それプラスの検査の為  2時間ほど預けます。

一旦 家に帰ろうかと思いましたが 何か異常があっても困るので近場をうろうろしてランチを・・・・。

こちら方面ですと・・・・・・・・・・・・・

ここから10分

リストランテ・エストさん

c0084268_932754.jpg



c0084268_91432100.jpg



この間までパナール展をやってましたが  今度は TOUJIRO展

そうです!!   あの 伝説のレーサー浮谷東次郎さんです!!
      
船橋サーキットでS600の生沢徹とのデッドヒートの末 逆転優勝!!


60`S 夢と青春の奇跡 浮谷東次郎と船橋サーキットの伝説

2015.6/13~8/30までです。

是非 足を運んで下さいませ m(__)m。



 
レイナの検査結果は 血液検査では発作にいたるまでの数値では無く やはり脳に何らかの原因が

ありそうです。 明日 朝 MRの検査を受ける事になりました。  大難じゃなく小難で治まって欲しいです!!



頑張れ レイナ!! (^_^)






 

by yoshi550ojin | 2015-06-08 12:36 | ワンコ | Comments(12)
2015年 03月 05日

DOGS SITTING ON CATS

笑えますねぇ!!  

ネコパンチ!!・・・・・ 壁ドンじゃござんせん (笑)   けつドンです(爆)。 遊ぼうよ~と言ってるでしょうか??


   



追加

母は強し  






うちの2番目のレイナが病気に  食べるが大好き!! それが急に吐きまくって元気がなくなってしまいました。

急遽 病院に連れていき まず検査   肝臓の数値が異常  レントゲン・エコー検査も・・・

胆管が腫れているそうだ。  朝から晩まで 点滴を3日間  なんとか数値も下がってきたようだ。

黄疸も出ていたそうで  ちょっとびっくりでした。   もともと肝臓が弱い子でしたので それなりの食事を

与えてきましたが  低脂肪のフードにして下さいと・・・。 飼い主に似てメタボか???

元気を少し取り戻して安心しました。   病院へ行くと なんとまあ ペットの世界も老老介護(-_-;)

爺さんが年取って歩けないワンちゃんを抱いて通院しています。 婆さんが目が白くなって見えないであろう

ネコちゃんを抱いてやってきます。  ペットの病院・・・・・これが現実です。 人間の世界と一緒ですわ!!





それでは   また   (^_^)v


    




 

by yoshi550ojin | 2015-03-05 16:37 | ワンコ | Comments(8)