おじんのPORSCHE と どんぶらこっこ

yoshi550oj.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2016年 01月 28日

フェチ

実用日本語表現辞典 より・・・・

フェチ


c0084268_11461698.jpg



異性の身体的あるいは装飾的なパーツ(部分)や要素に対して特に性的魅力を感じる傾向・嗜好・趣味・性癖といっ た意味で用いられる語。

日本語の中では、フェチの語は魅惑を感じる当該のパーツの名称に接尾辞的に付き「脚フェチ」「わきフェチ」「声フェチ」「靴フェチ」「においフェチ」のように表現されることが多い。偏執的とまでは行かない比較的軽度の執着、というようなニュアンスが多分にある。

フェチはもともと「フェティシズム」(fetishism)を略した語である。フェティシズムは、そもそもは「モノに神聖や呪力を見出して崇める」という信仰・崇拝の在り方を意味する。「呪物崇拝」「物神崇拝」とも訳される。崇拝の対象となるモノは「フェティッシュ」(fetish)と呼ばれる。

精神分析学の創始者として知られるジグムント・フロイトは、「フェティシズム」を異常性愛・性的倒錯の形態区分の呼称として用いた。この文脈ではフェティシズムは「拝物性愛」とも訳される。精神分析学におけるフェティシズムは病的な執着を意味し、いわゆるフェチとは(指向は似るが)程度が著しく異なる。しかしながら、いわゆるフェチも場合によっては変態性欲と見なされることがないわけでもない。

「萌え」の語も、いわゆるフェチと似たニュアンスで接尾辞的に用いられる場合がある。「萌え」は「ギャップ萌え」「ドジっ娘萌え」のように、より抽象的な要素に対しても適用されやすく、また執着の程度はより軽いといえる。



「フェチ」に似た言葉・・・・・・・・・・・ マニア    コレクター



c0084268_12395288.jpg





あなたは なにフェチ?? なにマニア???・・・ (*^_^*)





あーーーーっ!!!   ボクは・・・・・・・・(爆)。  鼻血・・・(^_^;)

by yoshi550ojin | 2016-01-28 11:49 | その他 | Comments(10)
2016年 01月 27日

リッチな家の息子が”貧しい”田舎で学んだこと

ええ話しの第2弾(笑)。



とある大富豪の男性が、
自分の息子を田舎の土地に送りました。

c0084268_15484043.jpg




裕福な生活を当たり前と思っている息子に、
一度「貧しさ」というものを体験してもらい、
自分たちの生活がどれだけ幸せなものか、
それを実感してもらいたかったのです。

息子は田舎に送られ、その土地の家族と生活をともにしました。


そして数日後、
父親は、帰ってきた息子に、貧しい生活が
どんなものだったか、その感想を聞きました。


父「あちらでの生活はどうだった?
  こちらの生活とあちらの生活はどう違ったかな?」


息子「あちらの生活はよかったよ。
   生活の違いは、もう沢山あったよ!」


息子の答えを聞いて、父親は安心しました。


ああ、息子は田舎の生活を体験し、いい感じを得てきたのだ。
現在の生活がいかに満たされているかに気づいてくれたのだ。


そう思ったのです。



しかし、息子が言った言葉は意外なものでした



息子は父親の問いに対し、
堰を切ったように答えました。


僕たちは犬を一匹飼ってるよね。
でもあの家では、四匹も犬を飼っているんだよ。


僕たちの家には、きれいに浄水された水が張られたプールがあるけど、
あの家には、とっても大きな池があって、
その池はすごく透き通ってて新鮮なんだ。
しかも、そこには魚もいたんだよ!


それから、僕たちの家には庭を明るく照らしてくれる照明があるよね。
あの家にはそれが無いけど、その代りにお月さまとお星さまが
庭をきれいに照らしてくれるんだよ!


それからそれから、僕たちの家の庭は壁に囲まれているよね。
でも、あの家には壁なんて無いんだ。
まるで、ずっと先の地平線まで庭が続いているみたいなんだ!
壁が無いから、あの家はいつでも友達を迎えられるように、
ドアでさえ鍵をかけていないんだ!


それに、この街では、みんな携帯とパソコンが
僕たちをつなげてくれているよね。
あの村では、家族や自然がみんなをつなげているんだよ。


父親は、驚きのあまりしばらくの間、声が出ませんでした。


息子は最後に満面の笑みでこう言いました。


「お父さん、僕たちが本当はどれだけ貧しいのか、
 そのことを教えてくれたんだね。本当にありがとう!」





ええ話しだったでしょ!!

by yoshi550ojin | 2016-01-27 15:50 | その他 | Comments(4)
2016年 01月 26日

その昔、多くの人が”清貧”の中に生きてました

最近 涙腺の弱くなったジジイには・・・・


たまには こんな話題も・・・・



c0084268_1881991.jpg




戦時中のお話です。

どの家庭も当たり前のように食料不足の時でした。

Kさんのお宅は、お母さまとお姉さんと少年だったKさんの三人家族。

お兄さんが、学徒出陣で飛行隊に配属されていました。

今度の日曜日には、初めての面会日という時でした。

満足に食べるものの無い時期でしたが、
お母さまはお兄さんに、せめて大好きなぼた餅を食べさせたかったのです。

知り合いの農家に頼み、モチ米と小豆を手に入れるつもりだったのに、
お母さまは急病になり、それが出来ずに一人落ち込んでいました。

見かねたKさんが学校を休んで、お母さんの代わりに行くことにしました。

以下、Kさんの手記からの抜粋です。




代役を無事に果たして、心も軽く家路へと急いでいたその時であった。

「コケ、コケ、コケッコ」

一瞬、めんどりの激しく泣き叫ぶ声が、道端の農家から聞こえてきた。

卵を生んだよと知らせている声である。

兄ちゃんはゆで卵が好きだったな、
よし、譲ってくれるよう頼んでみよう、
と私は勇気を出して格子戸を開け、何度となく声をかけたが、
家の中はひっそりとして返事が無い。

仕方なく帰りかけて、ふと鳥小屋を覗いてみると、
生みたての卵が二つ箱の中に納まっていた。

私は夢中で、卵を右と左の手のひらにつかんで、
田のあぜ道を横切り、駅へと突っ走っていた。

「卵の一つや二つ、あの家の人は、何とも思いやしないさ」

後ろめたい気持ちをかき消そうと、無理に自分を納得させ、
意気揚々と帰ってきた。

得意満面に語る私の目の前で、母は悲しい目をして卵を見ていた。

そして、私を激しく叱りつけた。

卵を盗んだのは悪い、でも兄に食べさせたい気持ちは、
母と同じなのだから、叱られるはずはないと思っていた。

「みんな私が悪いの。こんな体でなければ、
 あの子に盗みなどさせずに済んだのに。
 あの子の優しさを考えると、本当は嬉しかった。
 私だって、お兄ちゃんの喜ぶ顔を見たさに、
 同じことをしたかもしれない。
 そう思うと、あんなに叱ったのは酷だったかもしれない。
 でも人を喜ばせるためなら、悪いことをしてもいいという
 間違った考えを、今教えてやらなければ、
 後で取りかえしがつかなくなると思ったの、だから…」

その後は言葉にならず母は泣いた。

「ね、お母さん、明日、マーちゃんと一緒に、
 この卵を返しにいってくる、
 話せばきっと相手の人も判ってくれるわ」

翌朝早く、姉にせかされて家を出た。

「気をつけてね」

病床から抜け出して、玄関まで送ってくれた母は、
何気ない仕草で、私の学生服の襟をなおしてくれた。

「ごめんね」と詫びているような母の手の温もりに、
なぜか涙がこみあげてきそうだった。

到着した家の前で、姉は私を待たせ、
顔をこわばらせて中に入って行った。

まもなく姉に呼ばれ、私は恐る恐る家の敷居をまたいだ。

土間に据え付けたかまどの前に、
この家の主人らしき男が背を向けて藁をくべていた。

薄汚れた手ぬぐいで頬っかぶりして、半てんをひっかけている姿を、
パッと上がる火が映し出していた。

こちらを振り向く前に、私は土間に手をつき、
泣きながら自分の非を詫びた。

それでも男は動こうとも、しゃべろうともしなかった。

もう私は、押しつぶされそうな重苦しさに耐えるのがやっとだった。

突然、男が立ち上がった。

顔中無精ひげだらけの大きな体だった。

私はじっと目をつぶって体をこわばらせた。

びくついている二人の目の前に、
男は、茶碗二個を乗せたおひつと鉄鍋をどかっと置いた。

「食え」

二、三度顎をしゃくりあげると、背を向けて藁を燃やし続けた。

姉と私は、鉄鍋に入っている味噌汁をかけて食べた。

久しぶりに腹いっぱい食べて満足した私は、
卵のことなど忘れていた。

「なあ、ぼうず、姉ちゃんから話はすっかり聞いた。
 姉ちゃんも立派だけど、ぼうずのお母はもっと立派だ。
 もう心配かけるでねえ」

初めて聞くこの家の主人の言葉は温かく、胸にじんときた。

謙虚な笑いは、今でも心の中に残っている。

主人は、返した二つの卵を五つにしてくれた。

そして、兄と母へ、柿の実とざくろの実を添えてくれたのだった。

帰り道、私は嬉しくて、もう一度卵を取り出して見た。

ほんのりと赤味のある卵が主人の優しい心を映しているようで、
尊く輝いて見えた。

今度こそ、母に喜んでもらえる卵を差し出すことが出来ると思うと、
私は姉の呼び止める声を後ろに聞きながらも、
全速力で駅へと駆け出していた。





ええ話しですねぇ!!

by yoshi550ojin | 2016-01-26 18:09 | その他 | Comments(10)
2016年 01月 25日

JAF 会員???

でっ   でたーー



c0084268_1791413.jpg




マナミちゃん 反則技でしょ!!!








GPS機能で居場所がわかるって・・・・・・・・〇〇ちゃん  気をつけんと・・・(謎・爆)。


ボクは普通の会員ですが・・・・(~_~;)

by yoshi550ojin | 2016-01-25 17:09 | その他 | Comments(10)
2016年 01月 22日

流星エアポート

♪シートベルト・・・・♪


イクちゃん!! すぎもとまさとのジジイより やっぱりこっちやで(爆)。







作曲 すぎもとまさと(笑)。







週末はお天気に気をつけて下さいませ(^_^)v

by yoshi550ojin | 2016-01-22 18:00 | その他 | Comments(8)
2016年 01月 22日

週末


【注意喚起】1月23~25日は記録的な寒波襲来の恐れ / 今日のうちに十分な備えを・・・・・・・



c0084268_805363.jpg




気象庁は、2016年1月23~25日にかけて、沖縄から東日本の広い範囲にかけて、上空に強い寒気が入り、強い冬型の気圧配置になる見込みを発表している。西日本では大荒れの天気になると予報しており、ウェザーニュースでは、40年ぶりの大寒波が訪れると伝えている。

この影響で、電気や水道などのライフラインに深刻な影響が出る可能性があるそうだ。ウェザーニュースは特に九州・中国・愛媛の人々に対して、十分な備えをするように呼びかけると共に、西日本では災害レベルの大雪になる報じている。

・24日福岡の最高気温0度の予想

特に24日は、西日本・沖縄で記録的な寒さになる恐れがあるとしており、この日の福岡の最高気温は0度になると予想されている。つい最近、18日も各地で雪が降り、特に関東では広い範囲で影響が出たばかりだ。

・食料や水などの備えを

今回の寒波は、高速道路に影響が出ると見られており、物流への打撃が懸念されている。ウェザーニュースによれば、3日間の食料の備えと、灯油やガスコンロ、懐中電灯などを準備した方が良いとのこと。

・運転にも十分に注意

ドライバーは雪道での走行に十分注意した方が良いだろう。また、急な寒暖差によるヒートショックにも、気をつけることをおすすめする。詳しくは気象庁・ウェザーニュースのサイトで確認して欲しい。またテレビ・ラジオの気象情報もこまめにチェックした方が良さそうである







※ うろうろしないように・・・帰れなくなるかも・・・・・

by yoshi550ojin | 2016-01-22 08:03 | その他
2016年 01月 20日

痛車・・・・・・・  痛傘??

ジジイには理解できまへん・・・・・・・(?_?)

痛車と呼ばれるクルマ・・・・・なんで痛いか?? 

こういうクルマの事を呼ぶんですよね??

c0084268_1823049.jpg



c0084268_1841758.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・で    痛傘なるものが存在するそうで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・????


なんのこっちゃ?? ですよね(笑)。



アニメプリントの傘も当然   痛傘ですが・・・・・・・・・・・・・・・・・

c0084268_188399.jpg





何と申しましょうか???  アイデアが凄過ぎて びっくりぽん


外は普通・・・・・・・・・・・・・・・・・・・傘をさしている方からは・・・・・・・・・・・上を見上げれば・・・・???

c0084268_1810275.jpg



c0084268_18102121.jpg









ただ ただ 唖然とするばかり 

雨の日はルンルン気分だそうで・・・・(情けない)    

c0084268_18105297.jpg







c0084268_18273467.jpg












痛傘!!    このBlogにお越しの皆様  また一つ勉強しましたね(笑)。



若者達よ!!  しっかりせぇ!!! ・・・・・・・・・・・・と言いたくなりますわ!!!

   


※一度現物を拝見したいもんです(爆)。

by yoshi550ojin | 2016-01-20 18:15 | その他 | Comments(14)
2016年 01月 20日

今朝は・・・・雪

予報が当たりました。

朝 目が覚めたら 横殴りの雪が降ってます。

c0084268_8174058.jpg


c0084268_817515.jpg



道路情報は名古屋高速は前面通行止め・・・・全く 雪に弱い道路ですわ。

8時過ぎたら 青空が・・・・

c0084268_8193250.jpg




スッテンコロリと何処かの師匠みたいに骨折しないように 雪の中を出社。

さて・・・・工場に行けるだろうか???

by yoshi550ojin | 2016-01-20 08:22 | その他 | Comments(4)
2016年 01月 18日

疲れるわ!!

年明けから続いた 賀詞交換会・新年会も先週でやっと終了。

年々・・・・憂鬱になってくる。 これも年のせいかな??



毎年 毎年 今年は?? ・・・・・・・・なんて・・・・・・・誰がわかるか!!!??  神のみぞ知るわ!!

周りを見渡せば ジジイ・ババア (自分も含めて)・・・・・コンパニオンのおネェちゃんがいなかったら地獄ですわ(笑)。




さぁ 元気出して 今日からやっと本格始動!!  これふりかけてビンビン物語り!! (爆)。 


c0084268_8552073.jpg











 

by yoshi550ojin | 2016-01-18 08:56 | その他 | Comments(8)
2016年 01月 14日

お帰り・・・・

ローダーに積まれて 914が出張から帰ってきました(笑)。

c0084268_1812594.jpg




お客様に好評だったようで 安心いたしました。

若い人はこれがPORSCHE製だと言う事を知らないとか・・・・\(◎o◎)/!

先祖は550 そして914・・それからBoxster

ワーゲンポルシェと馬鹿にされた時もあったけど・・・・・ 

1.7Lはワーゲン製   2.0  2.0/6 は完全なPORSCHEエンジン!!

前か・・後ろか・・わからんようなデザインですが 今見てもかっこいいと思う・・・のはボクだけか(爆)。

c0084268_18213394.jpg




これを芦屋まで引き取りに行った時の事を思い出します。 その足で芦有に行ってお披露目。

みんなに祝ってもらいました。 あの時は暑かったなぁ!! あれから何年だろうか?

2008年の7月でした。

思い出詰まった914です。 別名 タクワン号(爆)。





PCからお礼にエスプレッソカップのセットをいただきました。 そしてOIL交換もサービスしていただきました。

有難う御座います。 これからも どんどん貸し出しますので ヨロピクね(*^^)v

c0084268_18272958.jpg


















 

by yoshi550ojin | 2016-01-14 07:59 | Comments(4)